So-net無料ブログ作成
検索選択

The Ting Tings at 渋谷AX [9/Feb/2009] [LIVE in Japan]

The Ting Tings!

シュールだ!最高だ!LIVEは1時間程度のものだったが、勢いがあって凄くよかった。

The Ting TingsはKatie White(vo、G)とJules De Martino(G、B、Dr)の二人組み。 Julesのなんともいえない存在感は、ステージの空間のいいバランスになっている。1曲目の"We Walk"が始まったとき、Julesはドラムセットに座ってバスドラを踏みながら、ベースを弾いており、大道芸人ばりの演出だった。Katieは英国人らしい顔立ちで、振る舞いも米国人のような抜けきった明るいノリはなく、そこがTing Tingsの曲調と相まって、ちょっと暗めだが激しい英国らしい空間を演出している。キュートなのは言わずもがなだ。以下、セットリスト。

  • We Walk
  • Great DJ
  • Fruit Machine
  • Keep Your Head
  • Traffic Light
  • Be The One
  • We Started Nothing
  • Shut Up And Let Me Go

     ~encore~

  • Impacilla Carpisung
  • That's Not My Name

終演後、ふとTing Tingsは今後はどんな路線でいくのかなと思った。過去にシュールだったバンドには、当初のインパクトが薄れて人気が落ち気味になると、音に厚みを増すために普通のバンドになって、それが逆に災いとなって消えていったバンドがある。逆にこれが個性だとばかりにデビュー当時のスタイルを貫き続け、飽きられて消えていったバンドもある。さて、Ting Tingsはどんな路線でいくのだろうか。その変化を楽しむためにも、今後もTing TingsのLIVEには足を運ぶつもりだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。